口から食べていれば健康

高齢者の場合若い人に比べて噛む力が弱っているので、ご飯を考慮する必要があります。そのため柔らかく作る必要がありますが、いまはその食事が好きなものを選んで届けてもらうことが出来るようになっています。

読んでみよう

宅配弁当で健康生活

体の自由が利かない高齢者の間で弁当の宅配サービスの人気が高まっています。毎日栄養バランスのとれたおいしい食事を低価格で届けてもらえることから、健康維持、安否見守りなどのメリットがあります。

読んでみよう

高齢者向けの食事について

やわらか食は、噛む力が弱くても飲み込みやすく美味しく食べられる食事です。やわらか食を取り入れることによって高齢者でも楽しく、美味しく栄養を摂取することができて健康や心理的な満足感を得ることができるようになります。

読んでみよう

腎臓を守るためには

腎臓病の食事療法は様々な制限がかかっていて、自分で食事を作るのは大変です。なので腎臓病用の食事を宅配するサービスを利用しませんか?

毎日の食事が大事です

腎臓は多くの役割がありますが、その中でも体の老廃物を体外に出す、いわゆる「尿」を作る働きが大きな特徴です。そのため、腎臓病が進行すると、体の老廃物がたまってしまい、体の疲れや浮腫みなどが起こってしまいます。そして腎臓はよほど悪くならないかぎりは、症状が出現することが遅いことが特徴です。そんな腎臓を守るのに必要なことが、毎日の食事療法になります。腎臓病の悪化を防ぐのに必要なことは、減塩と言われています。塩分が多い食事は確かに美味しいですが、塩分を多くとると、その分だけ体が水を求めます。そして水を多く取りすぎることによって、腎臓に負担が大きくかかり、結果腎臓病の悪化にもつながります。食事療法は毎日の意識付けによって行うことができます。

素材の味を生かして

腎臓病が進行すると、上手に尿ができないため、体のむくみが出ていることがあります。その時に、塩分を控えることにより、腎臓を上手に休ませることができ、結果的に尿が作られ、体のむくみの減少につながります。しかし、塩分を控える、食事療法をおこなうというだけでしたら、一体どうしたらいいのかが分からなくなりますよね。実際に塩分を控えるのは、少しの工夫でできるのです。例えば、うどんやラーメンの汁を全て飲まない。汁には多くの塩分が含まれているので、汁を残すだけでも、塩分の減量が期待できます。そして、おひたしの上から醤油をかけないことも減塩の一つです。味付けが薄い食べれない人は、わさびやショウガ、唐辛子、レモンなどの香辛料を上手に使用することもおすすめします。これらの香辛料を使用することにより、素材そのものの味を楽しみことができ、結果的に腎臓病の食事療法に繋がっていきます。また、食事療法を行なう際には、腎臓病食の宅配利用すると負担が軽くなるでしょう。